自毛植毛の施術方法の種類

自毛植毛とは、自分自身の毛髪をすでに薄くなってしまった箇所に移植を行い、自然なヘアサイクルを再び取り戻すことができる、いま最も有効な薄毛治療法となっています。

その後のメンテナンス費用も一切かかりませんので、他の毛髪治療と比べて施術費用は多少高くても、多くの薄毛に悩む男性が施術を希望しています。

OKWaveについて説明致します。

自毛植毛とひとくちに言っても、クリニックによって得意とする施術方法があり、それによって料金も異なってきます。



自毛植毛のおもな施術方法は、現在最も多く採用されているメスを使った施術方法「FUT法」や、メスを用いないで狭い範囲の施術を得意とする「FUE法」、頭皮にできるだけ傷を付けずに、サイズの異なる針を用いて移植を行う「ニードル法」などがあります。

また、クリニックによっては、植え付けを手作業ではなく機械を使って行い、時間の短縮や低コストな治療法などもあります。


気を付けなければならないのは、ご自身の頭皮の状態や施術を行いたい範囲、デザインなどによって施術方法を決めるようにしましょう。
料金やスピードだけで、施術の方法を決めてしまうことは、とても危険です。

自毛植毛の情報をあなたにご紹介いたします。

また、施術方法によって、移植後の生着率も異なってきますので、そのあたりはカウンセリングの際に、きちんと確認をしておかなければいけません。


また、ご自身の好みや判断だけではなく、手術を担当してくれる医師やカウンセラーの方としっかりと相談をしながら、進めていくようにしましょう。